自宅の売却が成功するかは査定依頼の時点で決まってしまう?

自宅の売却を検討しているときに、まず最初にする事は売る為に必要な情報を集める事です。「いくらで売れそうなのか」不動産屋に査定してもらった査定額、相場、現在の市場状況、最近の取引事例、傾向、どんな売却方法があるのか、他の売り出し物件情報などを集め自分の中で情報を蓄積させることが大切です。失敗している人の多くがこの最初の段階での情報収集を怠っている傾向がある事を知っておいてください。

家の売却成功はまず情報を集める事。

自宅売却を成功させる為に、まず情報を集めて欲しいと言いましたが、何も情報がない・知識がない状態で売却を開始するのはリスクが高すぎます。

例えばですが、パソコンを購入しようと考えた時に、家電量販店に行く人が多いと思いますが、その際にパソコンの知識がない場合、定員さんの話しを信用しませんか?嘘はついていないと思いますが、店員さんの話しを聞いてなんとなく良い商品なんだと思って購入しているんです。でも実は価格が高かったりするんです。

不動産売却でも同じように、ある程度、情報を蓄積させて知識をつけておかないと自分の思った売却ができなくなる可能性があります。

そこで情報集める方法としてまず査定依頼する事が大切なんです。不動産会社に来店して家の売却の相談に行くと思います。その際にいくらで売れそうなのか?を査定してもらうのですが、話はそれだけではありません。

  1. ・査定額について
  2. ・どうしてその査定額になるのか
  3. ・近隣の相場はどうなのか
  4. ・現在の市場状況はどうなのか
  5. ・最近の取引事例
  6. ・査定物件の場合はどのように売っていくか
  7. ・どんな売却方法があるのか

査定額について

不動産会社が提示した査定額は不動産屋が取引事例などをもとに「いくらぐらいなら売れる」と考えて提示した額となります。売却する際にはこの査定額を元にして売り出し価格を決定して売っていくことになるので、とても重要です。

どうしてその査定額になるのか

査定してもらった時にその査定額の根拠を必ず聞くようにしてください。もし根拠がないのに査定しているとしたら、ちょっとおかしいですし信用できませんよね?単純な根拠ではなく、できるだけ具体的に答えてくれるか確認しておくと良いでしょう。

近隣の相場はどうなのか

近隣の相場についても必ず聞いてみてください。近隣の相場は、売り出す時、売れない場合にとても参考になりますし、この相場からかけ離れた価格では売りづらいので、しっかり把握しておく必要があります。

現在の市場状況はどうなのか

現在の市場状況については、現在売却エリアの売買状況はどうなのか、売れ行きはどうなのか?今後はどんな感じになるのか?など聞いてみると良いでしょう。それぞれ意見はあると思いますが、不動産業者が現状をどのように捉えて売買を行っているかを知る事ができます。

最近の取引事例

最近の取引事例についても確認しておきましょう。レインズで実際に取引が行われたデータを確認できるので、情報として知っておくべきですが、プラスして、相談している不動産会社の最近の取引事例についても聞いてみてください。条件の似た取引があれば教えてくれるはずです。

国土交通省の不動産取引価格情報検索

査定物件の場合はどのように売っていくか

査定してもらった自分の不動産をどのようにして売っていくのか、戦略について聞いてみましょう。査定額を提示したという事はその価格で売れると思っているわけですので、当然ですが、この物件の売り方を想定していると考える事ができます。「この不動産は○○だから、このような層に向けて○○することで…」など具体的に言えるかも確認しておきましょう。

どんな売却方法があるのか

不動産によって売り方は当然異なってきます。1億円の物件と3000万円の物件では買い手となるターゲット層が違いますよね。同じような売却方法を進めていっても売りにくいはずです。それぞれの不動産にあった方法が必ずあります。しかし初めて不動産を売る場合は、どんな方法で売っていくかなんて分かりませんよね?その為、素直に初めてだからどんな売り方をしていくのかわからないので教えて欲しいと言って、教えてもらうと良いでしょう。

家の売却成功は査定依頼の時点で決まってしまう?

さて、不動産会社に査定依頼したときに聞くことなどを挙げてみました。これだけ聞いたからと言って売却成功するの?と感じると思います。

実際にこの質問をしたからと言って不動産会社の事がすべてわかるわけではありません。しかし、相談する不動産会社を増やしてみたらどうでしょう?

複数の不動産会社に査定依頼をして同じ質問を聞いてみたら、その答えは同じかわかりませんよね?査定額も違えば、査定額の根拠も違うかもしれません、市場状況の見方、相場についても異なるかもしれません。

何が言いたかったのかというと、複数の業者に話しを聞いてみないと、どの情報が正しくて、どの情報が間違っているかがわからないという事です。1社だけでは何も基準がないため、一社だけの情報では何も意味がないんです。

家を売る際に査定依頼の時点で成功・失敗が決まるというのは、情報を集めて比較できたかが関係してきます。初めての売却で失敗する人が多いのは一つの業者にしか相談して査定してもらっていないからです。比較対象を作るために最低でも3社以上は査定してもらい話しを聞きましょう。

自宅売却の成功

COPYRIGHT© 2014 自宅売却の成功 ALL RIGHTS RESERVED.